光脱毛を受ける時に注意すべき点について

黒い部分に熱を集めてダメージを与えるという光の特性を使って、光脱毛ではムダ毛のメラニン色素に作用する脱毛ができます。もともとは針に電気を通す針脱毛が行われていましたが、光脱毛と違って強い痛みを伴い、お金もかかる方法でした。お肌に反応せず、ムダ毛に作用する理由は、黒い色素であるメラニンが存在するかしないかです。

そのため、日焼けをしていると効果が不十分になります。皮膚が光のダメージを受けてやけどをする恐れがあるので、エステロンでは日焼けをしているときの脱毛処理は行っていません。不用意に日焼けをしないように、光脱毛を受けている時は、日傘や、日焼け止めクリームを使うよう心がけましょう。

エステによって光脱毛のやり方は違いますが、施術後に適切なケアをしないと肌の赤みが残ることがあります。皮膚を冷やしながらしばらく休ませることで、熱を持った肌の状態を改善することができます。

光脱毛をした後に、ハードな運動や、アルコールの摂取をすると、体表温度が温かくなって、肌の赤みが引きにくくなります。月経のある日は、脱毛はしないというエステも少なくありません。デリケートゾーン以外であれば光脱毛を行うことができるのですが、生理中はホルモンバランスの影響で脱毛効果が出にくいようです。

女性の身体は生理期間に影響を受けることも多く、うかつに脱毛すると肌の痛みを強く感じるケースもあります。生理のときは脱毛処理をしないほうが、エステの光脱毛でムダ毛を除去する場合には意識したいことです。