カテゴリー: フェロモン脱毛

エステサロンでの光を使用した脱毛方法について

ムダ毛の処理に頭を悩ませている人が多い中で、大勢の人が利用している方法がエステサロンの光脱毛施術です。痛みが軽度なことが光脱毛のいいところであり、皮膚に光を照射することでメラニン色素に影響を与えるというものです。ムダ毛のメラニン色素が光によってダメージを受け、色素のある部分に熱エネルギーが集中してムダ毛の再生が抑制されます。IPL脱毛とも呼ばれるエステの光脱毛は、ムダ毛をつくる細胞に対してピンポイントに効果を発揮します。脱毛したい場所に光をあてることで、新しい毛ができないようにするというものです。ほかにもSSC脱毛という光脱毛はジェルを使用する特徴があり、この点がIPL脱毛と違います。確実な脱毛効果を得るために、SSC脱毛は、皮膚に光を照射する前にジェルをつけて、ジェルの成分が皮膚に浸透するようにします。エステや医療機関での脱毛施術には色々なやり方がありますが、痛みの程度は色々です。光脱毛はパチンという痛みがあります。人によって、痛みをどう感じるかは違いますが、場所によっては、光脱毛はあまり痛みを感じずに受けることができます。ムダ毛の再生サイクルに合わせて、光脱毛は何回か受けることになります。ムダ毛の再生にはサイクルがあり、成長期にある毛にしか効果を発揮しないので、一定の期間をおいて脱毛しなければなりません。光脱毛による肌の変化を実感するためには10回程度の施術が必要で、脱毛完了までに1年以上かかることが一般的です。

光脱毛を受ける時に注意すべき点について

黒い部分に熱を集めてダメージを与えるという光の特性を使って、光脱毛ではムダ毛のメラニン色素に作用する脱毛ができます。もともとは針に電気を通す針脱毛が行われていましたが、光脱毛と違って強い痛みを伴い、お金もかかる方法でした。お肌に反応せず、ムダ毛に作用する理由は、黒い色素であるメラニンが存在するかしないかです。

そのため、日焼けをしていると効果が不十分になります。皮膚が光のダメージを受けてやけどをする恐れがあるので、エステロンでは日焼けをしているときの脱毛処理は行っていません。不用意に日焼けをしないように、光脱毛を受けている時は、日傘や、日焼け止めクリームを使うよう心がけましょう。

エステによって光脱毛のやり方は違いますが、施術後に適切なケアをしないと肌の赤みが残ることがあります。皮膚を冷やしながらしばらく休ませることで、熱を持った肌の状態を改善することができます。

光脱毛をした後に、ハードな運動や、アルコールの摂取をすると、体表温度が温かくなって、肌の赤みが引きにくくなります。月経のある日は、脱毛はしないというエステも少なくありません。デリケートゾーン以外であれば光脱毛を行うことができるのですが、生理中はホルモンバランスの影響で脱毛効果が出にくいようです。

女性の身体は生理期間に影響を受けることも多く、うかつに脱毛すると肌の痛みを強く感じるケースもあります。生理のときは脱毛処理をしないほうが、エステの光脱毛でムダ毛を除去する場合には意識したいことです。

光脱毛は脱毛サロンだけではなく自宅でも行える脱毛方法

ムダ毛の処理をするには自宅でカミソリなどで自己処理をするのが当たり前でしたが、最近では脱毛サロンで光脱毛によってムダ毛処理をするのが非常に人気になっています。かつては、エステの全身脱毛といえばかなりのお金がかかるものでした。最近は技術の進歩もあって、高校生でも全身脱毛ができるくらい、コストパフォーマンスがよくなっています。毛根の中で、新しいムダ毛の細胞がつくられないように、脱毛サロンの光脱毛では、メラニン色素に熱を集める光を皮膚に照射する方法をとります。黒い場所に反応する光を使って、毛根にあるムダ毛だけを熱し、たんぱく質を変成させることで脱毛を促します。エステの脱毛装置ほどの出力はなくても、家庭でくり返し使うことができる脱毛機器も存在します。最寄りの家電品販売店や、インターネットの美容用品の通販ショップなどで、家庭用の脱毛機が買えます。もし脱毛サロンに通うのが面倒という人は、家庭用脱毛器を選択すると良いでしょう。脱毛サロンは一回の施術に結構なお金がかかり、その都度支払わなければなりませんが、脱毛機なら1回分の購入費用で済みます。これまでエステに通う必要があった光脱毛を家庭でできるという画期的な商品と言えます。カミソリはムダ毛と共に皮膚も剃ってしまうリスクがあるので、光脱毛での処理のほうが肌に優しいでしょう。光脱毛を施した肌が傷まないように、行き届いたケアや、高出力のマシンを使ってもらえるエステも人気です。誰でも気軽に家庭で使える脱毛機器が販売されるようになったことで、エステには行けないという人でも効果的な脱毛ができるようになりました。